ADSL回線の開通工事について

ADSLを開通するための工事手続き

ADSL回線の開通工事は、どんなことを行うのか?どれくらいの期間が必要なのか?というのが気になりますよね。

これは、プロバイダーによってや、利用場所のインターネット環境によっても異なります。

だいたいはプロバイダーに申込みした後、開通日などの連絡が入り、ADSLのモデムが送られてきます。

開通工事の案内もくるので、だいたいどんな流れで工事が行われるか?というのが、ここでわかります。

その後にADSLの開通工事に入ります。

NTT局内工事というものは必ずありますが、これはNTT局内にて自宅の回線(インターネットを自宅で利用の場合)を新しいプロバイダーへ接続する工事です。

基本的に立ち会う必要はありません。

このNTT局内工事だけで済んでしまう場合もありますが、初めてADSLを利用する時には家の中の回線工事が必要な場合もあります。

その時は立ち会いが必要になりますので、お互いに空いている日程で工事してもらうことになりますね。

引越し時期などの繁忙期はなかなか日程が合わないということもありますので、そのような時期はさけたり、早めに日程をおさえておくと、工事がスムーズにいくと思います。

申込みからADSL回線が開通するまでは、だいたい2週間くらいが目安のようですが、途中書類の不備があったり、接続に問題があったり、繁忙期の場合には1カ月くらいかかってしまうこともあります。

おすすめなADSLプロバイダー会社:ヤフー!BB ADSL

ヤフー!BB ADSLは国内でも有数のブロードバンドサービス。
安くインターネットができるので、あまりインターネットをしないという方も気軽に楽しむことができます。安い料金はとても魅力ですよね。
ADSLにすると工事などが面倒で時間もかかると思う方もいるかもしれませんが、ヤフー!BB ADSLは複雑な工事を必要としないので快適に利用開始することもできます。
初心者の方にも安心なサポートもあるのでインターネットに詳しくないという方もヤフー!BB ADSLなら安心ですね。

「ヤフー!BB ADSL」詳しくはこちら